読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金の糸 銀の風

私的コンクール日記。メインの活動範囲は愛知・岐阜です。

愛知県アンサンブルコンテスト 大学・職場、一般の部 県大会

こんばんは。

急遽予定が空いたので、今回は自宅から3時間かけて愛知県の蒲郡市に来ました!


寒波の影響で審査員の到着が遅れ開始時間が伸びたり、出演者が1人欠けた状態で演奏していた団体もありました。

(私自身も列車が40分停車し、危うく大学の部を聞き逃す所でした…。)


それでは結果と感想です!

なお前日の寝不足により演奏にあまり集中出来ませんでした。すみません…(・_・;


大学の部

1.名古屋工業大学吹奏楽木管3 銀

2.愛知学院大学吹奏楽木管4 銅

3.愛知教育大学吹奏楽団 フルート4 銀・代表

4.愛知教育大学吹奏楽木管5 銀

5.中部大学シンフォニックバンド 木管8 銀

6.日本福祉大学合奏研究会吹奏楽バリチューバ4 銀・代表

7.愛知学院大学吹奏楽バリチューバ4 銀

8.中部大学シンフォニックバンド バリチューバ4 銀

9.大同大学吹奏楽金管5 銀

10.愛知教育大学吹奏楽団 打楽器6 金・代表・教育委員会


愛知教育のフルートは丁寧で繊細な演奏でしたね。この出演順のせいでもあるとは思いますが、音に豊かさが欲しいところです。


日本福祉大のバリチューはユーフォのトップが激ウマ!…でしたが逆にアンサンブルとしてはその上手さが浮いてしまっていたように聞こえました。


大同大の金管はかなりハジけた演奏でしたね。もう少し丁寧さが欲しいですが、こういう演奏も大好きです。


職場・一般の部

1.SAKURA Wind Orchestra クラリネット3 銅

2.LUCKY SOUND BRASS フルート3 銀 

3.アンサンブル ノアール クラリネット3 銅

4.アンサンブル東海 フルート3 金・代表

5.アンサンブル東海 サックス4 銀

6.創価中部サウンド吹奏楽団 サックス4 金・代表

7.東海市吹奏楽クラリネット4 金・代表・教育委員会

8.S.L.E.B サックス4 銀

9.ウィンドファミリーなごや サックス4 銅

10.名古屋大原学園吹奏楽クラリネット4 銅

11.豊田楽友協会吹奏楽団 サックス4 銀

12.カルペディエム ウィンド アンサンブル サックス4 銅

13.サンク・エトワール名古屋 サックス4 銀

14.新日鐵住金名古屋吹奏楽クラリネット4 銅

15.サンク・エトワール名古屋 木管5 銀

16.マリエナスタ ウィンドオーケストラ クラリネット5 銅

17.ルロウブラスオルケスター 木管5 金

18.S.L.E.B吹奏楽クラリネット5 銀

19.S.L.E.B吹奏楽部 サックス8 銀

20.アンサンブル東海 クラリネット8 銀

21. KISOGAWA POPS BAND トロンボーン4 銀

22.蒲郡ジュニアOB吹奏楽トロンボーン4 銅

23. 名古屋ウィンドアンサンブル バリチューバ4 銀

24.S.L.E.Bバリチューバ4 金・代表

25.名古屋大原学園吹奏楽金管5 銅

26.デンソー吹奏楽金管5 銀

27.サンク・エトワール名古屋 トロンボーン5 銀

28.in F ホルン5 銀

29.豊田楽友協会吹奏楽金管5 金・代表

30.オッサンズ トランペット5 銀

31.東海市吹奏楽金管6 金

32.蒲郡ジュニアOB吹奏楽金管6 銀

33.アンサンブるんるん♪ 金管8 銀

34.SAKURA Wind Orchestra 金管8 銅

35.アンサンブル・エルンスト 金管8 銀

36.創価中部サウンド吹奏楽金管8 金・代表

37.ブラスアンサンブル東郷 金管8 銀

38.aホルン5 会 ホルン8 銀

39.港南吹奏楽金管8 銀

40.名古屋ウィンドアンサンブル 金管8 銀

41.蒲郡市吹奏楽金管8 銀

42.S.L.E.B バリチューバ8 銀

43.豊田楽友協会吹奏楽団 打楽器4 金・代表

44.蒲郡市吹奏楽団 打楽器6 銀


アンサンブル東海のフルートは個人技の高さと3人の音が合わさった時のハーモニーの美しさが素晴らしかったです。


創価中部のサックスは出だしのインパクトが大きく、その後の勢いを最後まで持続させられていたのが良いですね。若干音が混ざり切っていない所があるのが気になりました。


東海市吹のクラリネットは別次元の技術力というか…正直このレベルのアンサンブルを生で聞いたのは初めてです。納得の1位でした。


S.L.E.B吹奏楽部のサックス8は技術のあるノリノリの演奏で、個人的には代表だと思っていました。


アンサンブル東海のクラリネットはとても綺麗な演奏でしたが、アピール不足感が否めなかったです。


サンク・エトワールのトロンボーンは何故この曲を選んでしまったのでしょうか。それぞれの奏者の音は良かったのですが、とにかくカットが気になって演奏に集中出来なかったのは私だけでしょうか…。


豊田楽友協会の金管。技術が抜きん出ている様には思いませんでしたが、曲にあった暖かな音が見事にブレンドされていた好演です。


東海市吹の金管。技術はあると思いましたが、表現がとにかく淡白だったのが残念でした。


エルンストの金管は冒頭から実に華やかなサウンドを響かせてくれましたが、曲を整理し切れていない様に聞こえました。


創価中部の金管は音のバランスや抜けが良く、ストレートに響いてきた聞いていて気持ちの良くなる演奏でした。


東郷の金管は何故銀賞?と思えるくらいの素晴らしい演奏でした。これでもかと言うくらいハッキリとした音が、塊になって飛んでくる元気な演奏だったんですけどね…。残念。


以上になります。

中学の部の前日はしっかりと寝る様にします…。反省笑