読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金の糸 銀の風

私的コンクール日記。メインの活動範囲は愛知・岐阜です。

第64回(2016年度)全日本吹奏楽コンクール 職場・一般の部結果と感想

こんばんはー。

こういうのは思い立ったらすぐ書かないとダメですね´д` ;

と言う訳で結果と感想です。


前半の部

1.ソノーレ・ウィンドアンサンブル 銀

2.光ウィンドオーケストラ 銀

3.名取交響吹奏楽団 金

4.倉敷市吹奏楽団グリーンハーモニー 銅

5.浜松交響吹奏楽団 金

6.春日市吹奏楽団 銀

7.秋田吹奏楽団 銅

8.創価学会関西吹奏楽団 金

9.ブリヂストン吹奏楽団久留米 金

10.上磯吹奏楽団 銅

11.藤原大征とゆかいな音楽仲間たち 銅

12.東京隆生吹奏楽団 銀

13.伊奈学園OB吹奏楽団 金


後半の部

1.Pastorale Symphonic Band 銀

2.J.S.B吹奏楽団 銅

3.大津シンフォニックバンド 金

4.川口市・アンサンブルリベルテ吹奏楽団 金

5.鏡野吹奏楽団 銅

6.横浜ブラスオルケスター 銀

7.百萬石ウィンドオーケストラ 銅

8.ウィンドアンサンブル ドゥ・ノール 銀

9.大曲吹奏楽団 銀

10. NTT西日本中国吹奏楽クラブ 銀

11.ヤマハ吹奏楽団浜松 金

12.宝塚市吹奏楽団 銀

13.デアクライス・ブラスオルケスター 銀


朝一のソノーレ。各セクションはそれなりにまとまっていたのですが、バンド全体として見ると音が散り散りになっていたのが残念。朝一の宿命なのでしょうか…

Clパートが良い音をしてました。もう少し後ろの演奏順で聞きたかったです。


光ウィンドは丁寧でよくまとまっていたものの、全体的にアピール不足の気がしました。 

自由曲は同じ指揮者で同じ作曲家という事もあり、幕張総合の白磁の月の輝宮夜を思い出させる様な演奏でした。



名取交響はさすがに安定した技術とサウンドでしたね。しかし、このバンドを持ってしてでも朝早い出演順を克服するのは難しいのでしょうか…。演奏者の方のコンディションが、万全では無かったように聞こえる場面がたまにありました。

自由曲は武生商業高校の様なイケイケ一辺倒な演奏ではなく(そういう演奏も好物ですが)、抜群の安定感の上で様々な表情を持った素晴らしい演奏を披露してくれました。

トランペット(特にトップの方)が全体の音楽をよく引っ張っていたとおもいます。


倉敷市民は申し訳ないですが、ピッチ、発音、リードミスなど初歩的なところで、他バンドと大きく差が開いていた様に思います。

ステージ上でもやもやしたまま12分が終わってしまい残念です。


浜松交響は少々耳が痛くなる音量だったものの、しっかりと押し引きの出来た音楽で見事金賞を獲得です。

弱奏部の美しさには感銘を受けました。この曲は来年流行りそうですね。


春日市民は課題曲冒頭は良かったものの、その後どんどん勢いが落ちてしまった印象です。

自由曲冒頭のTPファンファーレをカットしていたのは残念ですが、その代わりのイングリッシュホルン(ファゴットのソロを書き換えたのでしょうか?原曲を全部聞いたことが無いので分かりませんが…)の音が無機質ながらも太い音で曲の世界観を作り出していました。


秋田市民は往年の名曲を引っさげての登場です。アルトサックスの女性が非常に良い音をしてました。

課題曲・自由曲共に金管の弱奏部での不安定さが気になりましたが、銅賞は予想外でした。


創価関西の課題曲は他バンド(当たり前ですが、特に高校生)とは全く違いましたね。ほとんどの団体が曲を整理するだけで終わってしまっていましたが、創価関西はさらに音楽性を追求し達成していました。

自由曲の決してブレ無い重厚感が素晴らしかったです。


ブリヂストン金管の厚みが物凄いですね…。

課題曲は冒頭→第一主題で金管から木管へのメロディの受け渡しがとても自然で、早くも金賞を確信してしまいました。丸みのある暖かいサウンドがこの曲にマッチしていましたね。

自由曲は見事にキレのあるサウンドに様変わりしていましたが、ただただ突っ走るのではなくツボを押さえた丁寧な演奏が素晴らしかったです。


上磯は自由曲の為に金管を温存していたのでしょうか?自然と前2団体と比較してしまっていたのかもしれませんが、課題曲の冒頭から音が飛んで来ずぼんやりした音楽になっていました。

自由曲からはよく鳴っていたものの、時折乱れが見られたのが残念です。


藤原大征は銅賞だったものの、個人的に大好きな演奏です!

技術は他バンドに劣るものの、サウンドや推進力があり良い意味で若々しい演奏でした!

オーボエ奏者が情緒豊かな音で物語性のある曲に華を添えていました!

残念なところは打楽器…。課題曲のトムトムの音が高すぎたり、復興をやるにしてはタンバリンの音が軽すぎたりと曲の世界観を壊していた様に聞こえました。


東京隆生の技術やサウンドは金賞レベルなのですが、常に鳴らしている感じがあり音楽の頂点が分かり辛かったです。


伊奈学園OBは全体的に音がやや細く、OBバンドの枠から抜け出せてない様に聞こえましたが、爽やかなサウンドの快演でした。


Pastoraleはしっかりと吹けていたのですが、強奏で金管が破裂していたり、全体的に常にフォルテな感じがあり一本調子に聞こえました。


J.S.Bは特に感想が無いです。

何が良いとも何が悪いとも言えない演奏でした。が、銅賞は意外でした。


大津の課題曲はゆったりした安定感のある演奏でしたが、若干テンポ感が悪い様に聞こえてしまいました。

自由曲はこのバンドの持つ骨太なサウンドと相まり、凄い曲だな…と思っているうちに終わっていました。笑

1回目のアルトサックスソロの音が野生的で曲の持つ雰囲気を表現出来ていたと思いました。


リベルテは技術もさる事ながら、曲中の場面転換が素晴らかったです。強奏で耳が痛くなる事もありましたが、自由曲の神々しささえ感じ取れる演奏は圧巻でした。


鏡野はまとまりがなく、個々が色々な方向に吹いて終わっていた印象です。

自由曲は常に急いでいる様に聞こえました。聞かせるところはしっかり聞かせて欲しかったです。


横浜ブラスの高速課題曲には冒頭から驚きました。しかし、時折タンギングが回っていなかったり音楽が全体的に突っ込み気味だったのが残念です。

自由曲は打って変わり、サウンドのツヤとまとまりが段違いでした。

ティンパニのお二方が素晴らしいですね。即売CDを買いましたが一人で演奏している様に聞こえます。


百萬石は課題曲の頭から金管が怪しげでした。

自由曲は失礼ながら、譜面に追い着くので精一杯な感じがしました。パフォーマンスは見ていて面白かったですが、あのような事は素晴らしい演奏の上で初めて映えるものだと思います。


ドゥ・ノール。各パート毎のアンサンブルはそれなりに出来ているのに、全体的なバランスが取りきれず音楽が崩れてしまっている様に聞こえました。特に打楽器の音が大き過ぎた気がします。


大曲の課題曲は技術もバランスもしっかりしているものの、落ち着き過ぎな気がしました。

また、自由曲冒頭の極端な弱奏は、このホールだと残念ながら辿々しい感じに聞こえてしまいました。しかし、その後から急激にエンジンが掛かり終演時の感銘度は高かったです。


NTTはよく整理されていましたが最大音量がかなり小さかった為、全体的にハリが無い様に聞こえました。特に自由曲冒頭のファンファーレはよくまとまっていたので、もっと音を飛ばして欲しかったです。


ヤマハは別格ですね。若干音量過多な時もありましたが、プロの演奏会を聞いているかの様な安定感でした。


宝塚は音量など全体の舵取りが良くされていて音楽の流れがとても良かったです。しかし、課題曲の最後でテンポを明らかに落としたのは頂けません。

自由曲のカットはあまり聞かないカットで新鮮でした。また、トランペットのトップ奏者の音の伸びが凄まじかったです。


デアクライスは全体的に歌い込みすぎて、音の流れが悪くなってしまっていた印象です。特にマーチではそれが顕著に現れていました。

反面、自由曲ではその歌い込みが見事に反映され素晴らしかったです。とても美しく、儚ささえ感じる演奏でした。


まずは失礼な表現が度々あり、申し訳ありません。



高校・職一を通して思ったのは、金賞を受賞した団体は全て技術を超えた何かを持った演奏をしていた様に聞こえます。


特に精華女子高、東海大札幌高、ブリヂストンの三団体は演奏が終わりに近づくにつれ、この演奏が終わって欲しくないと思わされました。



また来年も素晴らしい演奏に会いに行きたいと思います( ̄▽ ̄)

閲覧ありがとうございました!!